歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療とは

歯周病とは、 歯を支える骨とそれを取り巻く歯肉(歯茎)の病気 で、歯周病原菌の感染によって起こる 感染病 です。口の中には300億~400億もの細菌が存在し、これらの中の歯周病原菌が、歯と歯茎の境目で増殖することによって、歯茎が腫れ、歯の周りの骨を破壊していきます。虫歯と異なり 痛みが出ないことの方が多い のですが、気づかないうちに進行し、歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。歯が動く、冷たいもので歯がしみる、歯磨きすると出血がある等の症状がある方は、お早めにご相談ください。

歯周病菌の顕微鏡検査をおすすめしております。

患者さまのお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。細菌、血液などの動きを確認することで、歯周病になりやすいかどうか、今どういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかります。歯周病はなかなか自覚しにくいものですが、映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで、治療効果の高い説明を聞くことが可能です。

 ※実際にお口の中の菌をご覧いただけます。(無料) 

次亜塩素酸水による歯周病治療

次亜塩素酸水って?

当クリニックの患者さまの3名に1名がホームケアとして継続してお使いいただいております。
虫歯菌や歯周病菌の予防だけでなく風邪やインフルエンザ、口臭の予防もでき安全にお使いいただけるうがい薬です。
※今、類似品が出回っておりますので、ご注意ください。

当クリニックでは、歯周病治療に治療水 『次亜塩素酸水』 を導入しております。歯周病、虫歯、新型インフルエンザ、O-157、ノロウイルスなども殺菌することができ、お子様から高齢者まで安心してお使いいただけるため、 ご帰宅後のうがい にもご家族でご使用いただけます。(受付窓口にて販売中)

次亜塩素酸水の効果とは?

次亜塩素酸水とは、塩を主とした原液を、水と電気分解させて出来た殺菌水です。 殺菌効果が非常に高く、細菌だけでなくウイルスも死滅させる ことができます。pHが7.0前後(水道水や血液と同じpH)の中性で、体内の白血球と同じ成分なので、歯牙や歯肉、人体に対して影響なく安全であり、これは最先端の治療法です。

歯周病治療のメンテナンスに次亜塩素酸水を利用し、歯垢や歯石を器具を使って除去するだけでなく、 歯周病の原因となる菌そのものを除去する ことができます。ほとんどの細菌・ウィルス等10~20ppm程度の低濃度で瞬時に死滅することができます。

歯茎の中の歯周病菌を除去するには、このお水を注水しながら歯石除去を行います。
歯周病菌は歳を重ねる毎に少しずつ体内に入り、血管が細くなったり、内蔵疾患や脳梗塞の一因になるといわれています。
定期的に口腔内メンテナンスで、あなたの健康を守りましょう。

以下のようなお口の方にお勧めします。
●お口の中がネバネバするなどの不快感がある。
●口臭が気になる。
●ヘビースモーカーの方。
●歯茎が腫れる・出血するなどの症状がある。
●虫歯予防にも効果的。

家庭での口腔ケア

歯周病は自覚症状もなく、気がつかないうちに病気が進行してしまいます。
歯周病が進行すると歯を支えている骨が吸収されてなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。
さらに、現代医学では、歯周病菌が原因で、「心疾患」「動脈硬化」「老人性肺炎」「糖尿病」「早産」などの病気を引き起こす恐れがあるといわれています。
虫歯や歯周病などの症例では、歯科医師による治療に合わせて、 ご家庭での日々の口腔ケアを行って頂くと、治療効果が向上 します。

当クリニックでは、 ご家庭でのお口ケア用品 としまして、次亜塩素酸水を受付窓口にて販売しています。

【販売価格】
  • 遮光ボトル ¥2,650
  • 簡易ボトル ¥2,140
  • セット販売10本 ¥15,400